開店祝いの贈り物に最適なものを選ぼう!

新しいお店の開店祝いに何を選ぶかということはとても難しい問題であると言えます。お店の種類やその形態、そして自分とそのお店の関係によって贈るべき開店祝いは変わってきますので、よく考えて最適なものを選びたいものですね。

植物の鉢植えは開店祝いとしてよく利用される

開店祝いとしてよく贈られるものに観葉植物や蘭などの鉢植えが考えられます。鉢植えはお見舞いなどには「寝付く」という意味で敬遠されますが、開店祝いの場合には「地域に根付く」という良い意味で捉えられ喜ばれる贈り物になります。特に胡蝶蘭などの鉢植えは花が咲いている期間も長く、開店の華やかな雰囲気にもぴったりなので、開店祝いとして利用されることも多いのです。
ただし、鉢植えを贈る際には気をつけるべきこともあります。それは開店するお店の雰囲気に合うものかどうかということです。テーマや雰囲気を重視したお店の場合、贈ったものがお店に似合うものでなければもらった方も困ってしまいます。特に観葉植物などの場合はその傾向が強いので、開店祝いとして選ぶのであれば先方に一度確認してみる方が失敗がないでしょう。

アレンジメントは開店祝いとして使いやすい

一方、鉢植えではなく、アレンジメントなどの花を開店祝いとして贈る場合も多くあります。アレンジメントの場合は鉢植えと比べて安い金額で華やかなものを贈ることができますので、予算ありきの開店祝いとして選びやすいのです。お店のテーマカラーやテイストが事前にわかっているのであれば、それに合わせたものを予算内で依頼することも可能ですので、センス良く、贈る側の都合に合わせた開店祝いとしてアレンジメントは最適なのです。
また、アレンジメントの場合は長くても1週間ぐらいしか持ちませんので、開店当初のお店に華を添えた後にそのまま処分してもらうことができるのも開店祝いとして選ばれる理由です。新しい店をオープンした時はしばらくは何かと忙しい日々が続くことが多いので、アレンジメントのような手の掛からないものはとても喜ばれるのです。

絵画やアートなどを贈ったり、場合によっては金銭でのお祝いも可

また、場合によってはお店のインテリアや装飾品などを開店祝いとして贈る場合もあります。その中でも壁に飾る絵画やアートなどは贈り物として人気が高く、お店の形態や飾る場所によって大きさや絵柄などを豊富なラインナップの中から選ぶことが可能です。ただし、これも観葉植物と同様にお店の雰囲気に合わせる必要があるため、現実的にはそのお店の人にリクエストを聞いて購入するということになるでしょう。
しかし、リクエストを聞けない状況や開業するのが親族や親しい友人などである場合には金銭でのお祝いをするというのも1つの案です。開業時には多額の経費が掛かることが多いので金銭でのお祝いをし、店内のインテリアや備品の購入に充ててもらうようにしてもいいのではないでしょうか。