贈った相手に喜ばれる開店祝いとは

開店や開業、開院など、新しい門出をお祝いしたい際に、開店祝いにどんなものを贈れば良いのかと悩むことがあります。礼儀やマナーを知らないと取り返しのつかない失敗に繋がります。喜ばれる開店祝いの相場や定番のアイテム、注意すべきことなどについてまとめました。

開店祝いの相場について知ろう

開店祝いには相場があり、相場より低かったり法外な値段の場合ではかえって相手の方に気を遣わせたり失礼に当たる場合があります。さほど親密ではない顔見知り程度であれば5000円から1万円ほどでよいでしょう。取引先や親しい知り合いなら1万円から、重要な取引相手なら3万から5万円ほどです。お身内であれば親しさに応じて2,3万円からと考えれば良いでしょう。新規開店の時期はなにかと物入りですから、現金が喜ばれることもあり、多くの場合目上であっても現金を贈ることが失礼には当たりませんが、少額の場合では印象が悪くなる場合もありますので、カタログギフトや商品を贈るほうが良いこともあります。また相手の方が現金では失礼だと思う方であれば現金は避けましょう。

開店祝いで喜ばれるアイテムとは

親しい間柄であれば欲しいものが無いかを事前に聞いておく方法もあります。カタログギフトはご自分で必要なものを選べるので失敗がないお勧めのアイテムです。貰って嬉しいギフトの上位に必ずランクインするカタログギフトは多くの方に喜んでいただけるでしょう。お酒類も喜ばれるアイテムです。開店祝いの席ですぐに役に立ちますし、使わなかった場合も保存が利き無駄になりません。予め銘柄を聞いておければよりベターです。開店祝いのフラワーギフトでしたら定番は白い胡蝶蘭です。真っ白い門出に相応しく華やかで豪華なため、お店の飾りとしてすぐに利用できます。プリザーブドフラワーや観葉植物などはインテリアとして長く使えるので便利です。その他、掃除機や時計、オフィス用品なども定番のアイテムです。

開店祝いで注意すべきこと

開店祝いには「赤字」や「火事」を連想する赤いアイテムは避けるという慣習があります。キャンドル・ライター・灰皿など火に関連するものは気にされる方がいるので避けたほうが良いでしょう。フラワーギフトをビジネス関係の開店祝いにする場合は、誰からの贈り物なのか分かりやすくするために、お名前とお祝いの言葉を書いた「木札」を立てるのが一般的です。近年は胡蝶蘭の花びらにお名前を入れるサービスをしてくれる場合もあります。観葉植物など大きなものを贈る場合には置くためのスペースがあるかどうか確認してからにしましょう。親しい方への贈り物であれば手書きのメッセージカードを添えるなどすれば、祝福する気持ちが伝わるでしょう。