悩み解決!開店祝いを選ぶポイント

友人や知人、もしくは取引先が開店した時、新たな門出の成功を願って気の利いた開店祝いを贈りたいと思う人も多いのではないでしょうか。でも、何を贈ればいいのか悩むこともありますよね。贈り方のマナーや何を贈ればいいのか、喜ばれるポイントをご紹介します。

開店祝いはいつ贈ればいい?マナーを抑えておこう

開店当日や開店直後は、目まぐるしい忙しさに追われるものです。開店祝いを贈るタイミングは、開店より前に届くように贈りましょう。生花を贈る場合は、届くタイミングが大切なので配達を指定する前に相手の都合を聞いておくと確実です。開店祝いのプレゼントは花や雑貨、現金など、色々なものが考えられますが、火や家事を連想させるものはNGです。アロマキャンドルなどお洒落だしお店のインテリアにいいかもと選んでしまいがちですが、NGなので気をつけましょう。また、花も、赤い花は火を連想させるため、避けた方が無難です。
開店祝いの金額は、友人なのか身内なのか、取引先なのかによって相場が異なります。おおよその目安はありますが、出せる金額ということでも構わないでしょう。大事なのはお祝いの気持ちをこめることです。

開店祝いの定番!花や観葉植物の選び方

開店祝いの定番は、お花です。胡蝶蘭が選ばれるケースが多いですが、もちろん胡蝶蘭以外でも大丈夫です。花束は飾るための花瓶が必要になるので避けましょう。カゴなどに入ってアレンジされた花もステキですが、ブリザードフラワーであれば手入れをしなくても枯れずに長く楽しめるのでおすすめです。アレンジは、マスコットを組み合わせた可愛い感じや大人っぽい洗練された雰囲気のものまで色々あるので、お店の雰囲気に合わせて選べば喜んでもらえるでしょう。花以外では、ちょっとしたインテリアになる観葉植物も開店祝いとして人気があります。最近は観葉植物でもブリザード加工しているものがあります。開店後は忙しい日が続くので、花でも観葉植物でも、手入れの負担がないものを選ぶというのがポイントになるでしょう。

好みがわからない!花や観葉植物以外で喜ばれるもの

相手の好みや開店するお店の雰囲気がわかっている場合は、開店祝いも色々選べます。お店のテイストにあったインテリア雑貨や、お酒が好きな相手であればワインやシャンパンなどのお酒もおすすめです。好みがわかっていれば悩むことなく商品を選べますが、問題は相手の好みがいまいちわからず、どれを贈れば喜んでくれるのかわからないという時です。そんな時は、お店の名前が入った小物雑貨がおすすめです。時計などのインテリアとして飾るものではなく、レジ横に置くキャッシュトレイや、ティッシュボックス、トイレに置くハンドソープ入れなど、白やステンレスなどのシンプルなデザイン小物を選べば、お店の雰囲気に左右されないしネームが入っている特別感もあり、喜ばれるでしょう。
開店祝いは、これが正解というものは特にないので、あまり気負いすぎずに気持ちがこもったものを選ぶことが大切です。