喜んでもらうために!知っておきたい開店祝いのギフトマナー

お店や事務所・会社などがオープンする際には、周りの人は開店祝いをして気持ちを伝えますが、開店時期は本人もバタバタしていることが多いものです。
そんな中でできるだけストレスを感じさせず迷惑にならないように、開店祝いのギフトに関するマナーを見ていきましょう。

開店祝いのギフトにふさわしいアイテムとは?

開店祝いは無事に開店できたことを祝うと共に、店や会社がこれから繁盛していくように応援の気持ちを伝える目的もあります。
そんな開店祝いにふさわしい贈り物としてはまず、招き猫グッズが挙げられます。また金運が上がるように、黄色やゴールドのアイテムも良いでしょう。
実用的なものでは、家電やインテリア雑貨も良いですが、その店や会社のテイストにふさわしいものを選ぶことが大切です。お酒好きな人には、日本酒やワインなどを届ければ、祝賀会で飲むこともできます。
開店祝いでは、華やかな胡蝶蘭を贈ることも多いです。また花粉もなくインテリアにもなる観葉植物を贈るのも喜ばれることでしょう。
何を贈れば良いのか迷う場合には、商品券や金券・カタログギフトにすると無難かもしれません。

開店祝いにしてはいけないことって?

開店を祝福する気持ちがあっても、マナー違反の祝い方をしてしまっては相手方にも失礼です。開店祝いにしてはいけないことを知っておく必要があります。
まず気を付けたいことは、縁起の悪い品物は贈らないことです。飲食店などの開店祝いの場合、火事をイメージする「火」に関連するアイテムや赤い物は縁起が良くないとされています。また花を贈る際でも、トゲがある花や花言葉があまり良くないものは控えましょう。例えばマリーゴールドは「絶望」という花言葉がありますし、小菊はお供えの花のイメージがあるので、こうした花は開店祝いにはふさわしくありません。
また、花を贈る際にスタンド型式を選ぶこともありますが、店や会社によってはスタンドの花を置く場所がない場合も見られます。大きすぎる品物は、かえって迷惑をかけてしまう可能性もあるので、できればあらかじめ開店する場所の下見をしてから品物選びをすると安心でしょう。

お祝いを贈る時期や金額の相場

開店祝いの贈り物はいつでも贈れば良いというわけでもありません。できることなら、縁起の良い日で開店の前日までに届くようにするのが一番良いでしょう。縁起の良い日を知るためには、六曜を活用します。六曜で大安に当る日に届くように手配すれば、よりいっそうおめでたいお祝いとなるでしょう。
どうしても祝いが遅れる場合には、一言手紙などを添える気遣いが大切です。
また開店祝いにはいくらぐらいの品物を贈るのが良いのか、悩み人もいるかもしれません。だいたいの相場として、会社の取引先であれば30000円前後、友人であれば5000円~10000円ほどの品物が良いでしょう。関係の深さによって、相場額は変わってくることが多いです。