センスが良いと思われたい!印象に残る開店祝いとタブーを知ろう

親しい人や仕事の関係者などに贈る開店祝いは、贈られる方の喜ぶ顔が浮かぶようなものをチョイスしたいものです。ちょっとした心遣いで周りと差が付く、センスが感じられる開店祝いをまとめて紹介します。喜ばしい気持ちとともに贈る開店祝い選びに悩んだら参考にしてみてください。

定番だからこそ外さない!縁起が良くて清浄な空気を運ぶ植物たち

瑞々しい葉がフレッシュな印象をもたらす観葉植物は開店祝いにお勧めです。花や実を付ける植物と比べるとほとんど手間がかからないことがポイントです。
開店祝いを贈る相手の好みが判るようなら、その人の人柄やお店のジャンルにふさわしい花も、華やかな雰囲気で祝福する気持ちがよく伝わります。意外と花持ちが良く、気品さが漂う胡蝶蘭やデンファレが根強い人気となっています。いろいろな種類の花を組み合わせることでゴージャス感を演出できるフラワーアレンジメントや花専用のスタンドに飾ったスタイルのものも喜ばれます。規模がやや大きめお店やオフィスなどへは、より注目が集まるような花輪を贈れば出入り口や中心ゾーンを晴れやかに彩ってくれるので贈る側としても高い満足感が得られます。

時を経ても初心を思い出せる!刻印入りの記念品

お店ずっと置いて使ってもらえる品物を開店祝いとして贈ると、実用的でもあるので思いのほか感謝されることもあります。壁掛け式の時計や湿度計などが邪魔になることなく喜んで使ってもらえます。また目立たないものにはなりますが、万年筆や腕時計なども人生の門出といえる開店を祝う贈り物としてふさわしいとされています。
これらの贈り物には開店祝いの記念として受け取られる人の名前やお店の開店日など、思い出となるような刻印を施してから贈るとさらに応援する気持ちが伝わります。格言や励ましとなるようなメッセージを刻むのも、オリジナリティが感じられるのでお勧めです。
共通の知人同士で相談して贈られる方が必要(欲しい)としているものをサプライズとしてプレゼントするスタイルもあります。この場合、贈る品そのものに刻印が難しいようなら寄せ書きなどにお祝いの言葉を添えると温かい感動が生まれ、長く印象に残る開店祝いとなります。

ぜひ知っておきたい!開店祝いにまつわる『タブー』

心を込めて贈る開店祝いにも気を付けなければならない点がいくつかあります。せっかく選んだお祝いの品で相手をガッカリさせないためにも開店祝いのタブーをしっかりと確認しておきたいものです。
お店を始める方にとって『赤字・火事』を連想させるものは縁起が悪いとされています。このため灰皿やライター、カラフルなキャンドルさらに真っ赤な品物(マットなど)は避けましょう。赤いバラなどはとても華やかなので、つい開店祝いとして選びがちですがこの際、『赤一色』となることがないよう、白いカスミ草などを配して赤いイメージを払拭する方がベター。
電化製品を選ぶ時も極力『火気』に関係しないもの(電話機や掃除機など)を選ぶと安心です。大人のマナーとして開店祝いのジンクスを知り、スマートに祝福の気持ちが伝えられるような配慮が大切です。

お祝い、お見舞い、用途に合わせてお客様のニーズにあったアレンジをして、全国どこでも素敵なお花をお届け致します。 当店は花の宅配サービスでは実績があり、リーズナブル派からこだわり派まで、満足できる品ぞろえを用意しています。 産地直送の新鮮花を宅配する事により、日本中のお客様に新鮮な花を、届けさせて頂ける事が他社との違いです。 贈り主様のお心のこもったお花を、お届け先様に長く楽しんで頂きたい。 開店祝いのお花は【リンクフローリスト】にお任せください!